実験装置

レーザー脱離超音速ジェット分光装置

レーザー脱離超音速ジェット分光装置
レーザー脱離法によって気化した難揮発成分子を超音速ジェット冷却し、多重共鳴レーザー分光を行なう装置です。
手前、左右に紫外レーザー、中央が飛行時間型質量分析器です。
レーザー脱離超音速ジェット分光装置
レーザー脱離法の心臓部分。
グラファイト円盤の側壁にマトリックス剤と混合したサンプルを塗布し、近赤外レーザー光による瞬間過熱を利用して
サンプルを蒸発させます。
気化した分子はパルスバルブから噴射される希ガス原子との衝突によりジェット冷却され、下にあるスキマーを通って
超音速分子線になります。

ピコ秒時間分解分光装置

ピコ秒時間分解分光装置
奥にピコ秒時間分解分光に用いるピコ秒レーザー、手前はそのピコ秒レーザーを分光装置へ導くために必要な光学素子。
多数の光学素子が必要となります。
見慣れないとごみの山のように見えるかもしれません。
ピコ秒時間分解分光装置
ピコ秒時間分解分光で用いている飛行時間型質量分析装置。
上から超音速分子線、前後の窓からレーザー光が入射します。
イオンは左側へ飛んでゆきます。

波長可変真空紫外分光装置

波長可変真空紫外分光装置
右上の二つのレーザーの光を左側の希ガスセルに入射して波長可変真空紫外光を発生させます。
発生した真空紫外光は、空気に触れないように真空ボックスの中で波長分離され、そのまま真空槽の中の超音速ジェットに照射されます。

波長可変中赤外分光装置

波長可変中赤外分光装置
右側奥が周期分極反転非線形光学結晶を用いた擬似位相整合パラメトリック発振、増幅による2μm光発生装置。
左側が差周波発生法を用いた波長可変3μm光発生装置。
右側手前のZnGeP2結晶にこれらを導入し差周波発生により波長可変中赤外光を発生させます。
波長可変中赤外分光装置
超音速ジェット中赤外レーザー分光に用いている四重極質量分析器 (奥) と紫外レーザー (手前)。
中赤外光は向こう側から入射します。

超臨界流体ジェット分光装置

超臨界流体ジェット分光装置
超臨界流体をジェット噴射するための送液ポンプ (左) と真空槽 (右)。
高密度の超臨界流体を真空排気するために高温高圧、排気速度の高い真空ポンプを必要とします。
超臨界流体ジェット分光装置
超臨界ジェット分光に用いている飛行時間型質量分析器。

レーザー多光子イオン化超高感度分析装置

レーザー多光子イオン化超高感度分析装置
左奥が飛行時間型質量分析装置。
右下がイオン化用紫外レーザー。
右奥は試料濃度の精密調整に用いる定速度流量計。
レーザー多光子イオン化超高感度分析装置
環境汚染粒子を発生させるための気密チャンバー。
分析装置の隣の部屋に置かれていて、汚染粒子は配管を通して分析装置に導入されます。

超解像赤外顕微鏡装置

超解像赤外顕微鏡装置
左中央が顕微鏡。
左上の高感度画像撮影装置に顕微鏡像を投影します。
手前は顕微鏡からの光を分光するための分光装置。
超解像赤外顕微鏡装置
顕微鏡に用いるピコ秒レーザー装置 (手前) と光輸送系。
ピコ秒レーザーの取り回しにはやはり多数の光学素子が必要になります。
このページの先頭へ