学生の海外派遣・国際共同研究

学生の海外派遣・国際共同研究

欧米(特にヨーロッパ)では国を超えた共同研究が大変盛んで、研究の発展性に大きく結びついています。
日本は距離的に不利ですが、世界最先端と競いながら進む上では国際共同研究はこれからますます重要になると思い、積極的に進めています。

全てが公式に補助されているわけではありませんが、幸い、現在5つの共同研究が進んでおり、学生の皆さんもテーマによってはこの共同研究に参加して活躍しております。

研究進展によりますが、私たちスタッフだけではなく学生の皆さんも(4年生でも!)海外に行って2週間程度の短期共同研究ができるよう、積極的に進めています。

幸い、資源化学研究所は海外の研究発表や共同研究に補助を出してくれる先進的な研究所です。
2006年以来多数の学生が海外に出かけて共同研究に参加して居ります。

海外での共同研究は、単なる観光旅行や語学研修で外国に出かけるのと違って、世界一線級の研究者やその学生と同じ研究テーマで討論しながら進めますので、これほど良い実学は無いと思います。英語が得意でなくても、行かなきゃならない、となると案外すぐうまくなるものですし、共通の興味がありますので直ぐに仲良くなれますよ。

現在の国際共同研究

フランス
フランス・マルセイユ大学
Université d'Aix Marseille
C. Jouvet教授
  & C. Dedonder-Lardeux教授
励起状態水素移動反応
フランス
フランス・パリ大南校
Université Paris-Sud
Pierre Çarçabal准教授
生体関連分子の気相分光

イギリス
イギリス・マンチェスター大学
The University of Manchester
光子科学研究所・所長
K. Müller-Dethlefs教授
分子間結合、大振幅振動、電子分光
イオン化誘起異性化反応、高分解能光

ドイツ
ベルリン工科大学
Technische Universität Berlin
O. Dopfer教授
カチオンクラスター、イオン化誘起異性化反応
イオン化質量分析

デンマーク
デンマーク・コペンハーゲン大学
University of Copenhagen
H. Kjaergaard教授
有機物の倍音分光と振動緩和、大気化学、レーザー分析

韓国
韓国・ソウル国立大学
Seoul National University
S. K. Kim教授
生体機能分子の分光と反応

海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

2016年度

輪胡宏学 (M2)
イギリス・オックスフォード、
Isolated Biomolecules and Biomolecular Interactions
ポスター発表
4月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
このページの先頭へ

2015年度

松山沙織 (M2)、内藤あゆみ (M1)、渡瀬五常 (M1)
アメリカ・ハワイ、環太平洋化学会議国際会議
口頭およびポスター発表
12月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
このページの先頭へ

2014年度

真仁田峻 (M1)、青木拓馬 (M2)
韓国・清州市忠北国際大学、晋州市慶尚国際大学、国際共同研究
3月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

牛尾公平 (M1)
アメリカ・ニュージャージー州、ラトガース大学、セミナー発表
1月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

塚田耕平 (M1)、松山沙織 (M1)
ドイツ・ベルリン、ベルリン工科大、国際共同研究
12月、2週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

篠原潤平 (M1)、藁科太一 (M1)
フランス・パリ、パリ南大学、国際共同研究
12月、2週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

加藤大智 (M1)、真仁田峻 (M1)、大場妃香里 (M2)
フランス・マルセイユ、マルセイユ大学、国際共同研究
11月、2週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
このページの先頭へ

2013年度

孫雲龍 (D2)、大場妃香里 (M2)、青木拓馬 (M1)
イギリス・マンチェスター、マンチェスター大学、セミナー
12月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

孫雲龍 (D2)、青木拓馬 (M1)
フランス、マルセイユ大学、パリ南大学、国際共同研究
12月、3週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

芳川俊平 (M1)
イギリス、マンチェスター大学、国際共同研究
11月、2週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

大場妃香里 (M2)、芳川俊平 (M1)
アメリカ、オハイオ州立大学、International symposium on molecular spectroscopy、口頭発表
6月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
このページの先頭へ

2012年度

孫雲龍 (D1)、大場妃香里 (M1)
フランス・マルセイユ、マルセイユ大学、セミナー口頭発表
3月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

中村崇志 (M1)
アメリカ、オハイオ州立大学
International symposium on molecular spectroscopy、口頭発表
7月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

大場妃香里 (M1)、下薗遥子 (M1)
フランス、パリ南大学、国際共同研究
5月、2週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

佐藤孝樹 (M1)、中村崇志 (M1)
イギリス、マンチェスター大学、国際共同研究
4~5月、2週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
このページの先頭へ

2011年度

田辺亘平 (M2)
韓国・清州、忠北国際大学、国際共同研究
3月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

田辺亘平 (M2)
ドイツ・ベルリン、ベルリン工科大学、セミナー
3月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

坂田有梨 (M1)
イギリス・マンチェスター、マンチェスター大学、
国際共同研究
12月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

増冨千種 (M1)
曽根浩計 (M1)
ドイツ・ベルリン、ベルリン工科大学、
国際共同研究
2週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
このページの先頭へ

2010年度

浅川稔朗 (M2)
石川純 (M2)
北次加奈 (M1)
田辺亘平 (M1)
イギリス・マンチェスター、セミナー口頭発表
3月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

田辺亘平 (M1)
韓国、清州、国際共同研究
2月、1週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

北次加奈 (M1)
山田浩平 (M1)
アメリカ・ハワイ、環太平洋化学会議国際会議ポスター発表
12月、1週間

小原隆平 (M1)
田辺亘平 (M1)
ドイツ・ベルリン、国際共同研究
11月、3週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

田中慎也 (M2)
菊地克也 (M1)
イギリス・マンチェスター、国際共同研究
10月、2週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
このページの先頭へ

2008年度

武田朗宏 (D3)
フランス・オーソワ、Gordon国際会議ポスター発表
8月、1 週間
このページの先頭へ

2007年度

小泉夕夏 (M2)
フランス・パリ大南校
2 週間

武田朗宏 (D2)
イタリア・ゴードン国際会議発表
1 週間
イギリス・マンチェスター大
2 週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
このページの先頭へ

2006年度

服部香織 (M2)
ニュージーランド・オタゴ大
/NZ化学会発表
2 週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生  海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

小泉夕夏 (M1)
フランス・パリ大南校
2 週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

辻典宏  (M2)
満田晴彦 (B4)
渡邊裕一 (B4)
韓国・ソウル国立大
1 週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生  海外共同研究・海外研究発表に参加した学生

武田朗宏 (D1)
ドイツ・ウルツブルク大
2 週間
海外共同研究・海外研究発表に参加した学生  海外共同研究・海外研究発表に参加した学生
このページの先頭へ